社会連携センター 福山大学TOP 
社会連携センター - HOME - 地域連携部 産学連携部 知財部 高大連携部
公開講座
リレー講座
社会連携 研究推進事業
社会連携 研究推進センター (宮地茂記念館)
福山大学 研究者一覧
活動履歴
  社会連携研究推進事業
 
   福山大学は,文部科学省・私立大学学術研究高度化推進事業の1つである「社会連携研究推進事業」に採択され,平成19年度〜23年度にわたり,下記の7つのプロジェクトを実施してまいりました。統 一テーマは,「健全なこころとからだに支えられたまちづくりプロジェクト」です。このプロジェクトは,平成20年秋に,福山駅北口に建設された社会連携研究推進センター(宮地茂記念館)を主な活動拠点として,福山大学や近隣の施設・フィールドにおいて,多くの機関や団体・研究者と協力して,活発な実践的研究活動を行ってまいりました。
   
   7つのプロジェクトを合わせると,この事業には延べ約60名の福山大学の教員と他機関の研究者がメンバーとして参加しました。地域の皆様との結びつきを深めながら,教育や研究の多様な側面で得られた成果を地域社会に還元し,地域の活性化に貢献できることを願い,この事業を推進してまいりました。
   
   事業の中間年に当たる 平成21年には,それまでの事業活動のまとめ,中間報告書CD版を作成し,関係諸機関の皆様にご協力を頂いてそれに対する外部評価を受けました。その結果(PDF 664KB)と,それに対する各プロジェクトの自己点検評価(PDF 45KB)も報告書としてとりまとめました。それらをもとに,平成21年秋に,この事業の中間報告を文部科学省に行いました。さらに,平成22年には,一般公開される福山大学リレー講座で,研究成果を公表いたしました。そして,平成23年度末をもってこの事業を終えることとなりました。皆様のご協力に感謝申し上げます。数多く生み出された成果は,「健全なこころとからだに支えられたまちづくりプロジェクト−福山大学シーズ集−」として報告書(2.55MB)にまとめ,諸機関に送付したところです。
   
   本事業で得られた地域社会との連携を糧に,福山大学は,センター(宮地茂記念館)を中心に,社会連携研究推進事業を発展させ継続してまいります。さらなるご支援とご協力をよろしくお願いいたします。
   
  社会連携研究推進事業運営委員会
委員長 松田文子
     
     
   
プロジェクト番号:プロジェクト名 代表者
(学部)
PJ1:からだづくり
地域住民の健康に関する意識向上,及び地域医療従事者の資質向上のための実践的研究
岡村信幸
(薬学部)
PJ2:産官学連携
化 学・生物総合管理学の社会連携教育研究
菊田安至
(生命工学部)
PJ3:こころづくり
地域の心の健康作りに関する実践的研究
青野篤子
(人間文化学部
PJ4:国際文化交流
日中文化交流,経済交流のための人材育成と交流促進策(PDF517KB)
島敏夫
(経済学部)
PJ5:地域の文化再発見
備後地域の歴史・文化に関する実践的研究
久保卓哉
(人間文化学部)
PJ7:メディアコミュニケーション
地域(家庭・学校)におけるメディアコミュニケーション能力向上を目指した実践的研究
三宅正太郎
(人間文化学部)
PJ8:理科離れ対策
初等中等教育における物作りによる工業技術者の育成に関する研究
千葉利晃
(工学部)
     
      このページのTOPへ
  福山大学 社会連携センター
  
〒729-0292 広島県福山市学園町1番地三蔵
          福山大学 総務部 企画・文書課
           TEL: 084-936-2111(内線:2117)  FAX: 084-936-2213 
           e-mail: renkei@fucc.fukuyama-u.ac.jp