薬学部長 鶴田 泰人
 福山大学薬学部は、日本で最初の「医療薬学教育の実践」を教育理念とする薬学部として昭和57年4月に開設され、医療薬学教育のパイオニアとして数々の新しい教育システムの構築に取組み、実現させてきました。①学内に「モデル薬局」を設置、②全4年次生に対する「モデル薬局での実践的薬剤師プレトレーニング実習」、③プレトレーニング実習に引続く、「臨床現場での病院薬局実習」の必修科目化、④全4年次生の病院薬局実習を可能とする「全国病院薬剤部の組織化」、⑤大学院修士課程を医療薬学専攻とし、修士2年生(6年制薬学部の6年次に当たる)に「実質5ヶ月間の病院研修(薬剤師免許を取得しているので薬剤師としての研修)」の実施などは、福山大学が他大学に先駆けて実現させた医療薬学教育システムであり、「福山大学方式」として薬学教育現場や医療現場から高い評価を受けてきました。
 四年制薬学教育の中で四半世紀に渡り実践してきたこれらの医療薬学教育のノウハウは本学薬学部の大きな財産であり、平成18年度から始まった6年制薬学教育の中にもしっかりと根付き、その礎として機能しております。さらに、6年制薬学教育においては、 1年次の薬学入門教育などにPBLチュートリアル教育を取入れ、能動的学習能力の養成に力を入れるとともに、2年次には保育園・老人ホーム訪問プログラムを設け、園児や老人と1:1で接することにより、優しさとコミュニケーション能力を高める取組みも導入しました。また、医療現場で活躍する卒業生を中心に、薬剤師、医師、看護師、臨床心理士などで組織したボランティア・ファカルティー(Volunteer Faculty:100余名)が、本学の臨床薬学教育をしっかりと支えるシステムも確立しました。ボランティア・ファカルティーは薬学部における様々な講義や実習で、実体験を基にした真の医療人マインドを学生に伝えてくれるでしょう。  患者の全人的治療を目指す医療スタッフの一員として、薬剤師には薬や病気の知識を十分に修得するとともに、患者を思いやる優しい気持ちとコミュニケ-ション能力、患者の抱える問題を解決しようとする強い意志と解決能力が求められます。福山大学薬学部は新しい教育プログラムの実践を通して、「医療人としての自覚と使命感を持った薬剤師の養成」を目指します。

薬学部TOP