福山大学薬学部 病態生理・ゲノム機能学研究室 のホームページです!

教育方針 educational policy


 遺伝子関連の担当教員は、「遺伝子情報を収集・解析し、それを臨床現場で生かすことができる薬剤師」の育成を目指して、 遺伝子関連の科目を分かりやすく体系的に学ぶことができるように薬学教育モデル・コアカリキュラムに順じて、カリキュラムを編成しています。 1年後期の「生命情報を担う遺伝子」では、遺伝子の基礎的項目(遺伝子の構造、維持・伝達、発現機構)を学びます。 2年前期の「ゲノム情報と創薬」では、ゲノム情報を活用した遺伝子工学に関する基本的知識・技能を学びます。 2年後期の「実習(遺伝子工学系)」では、遺伝子工学実験の基本的技能を修得します。 4年前期の「バイオ・細胞医薬品」では、組換え医薬品の有用性、疾患・薬物動態関連遺伝子の多型解析、遺伝子治療、再生医療について学びます。 6年前期の「ファーマシューティカルケア総合演習」では、薬物代謝関連遺伝子に着目して遺伝子多型の解析技術を学び、修得します。


遺伝子関連の担当科目 special subjects


  ・ 生命情報を担う遺伝子 (1年後期)       
     1 分子生物学の歴史、セントラルドグマ【道原】         
     2 DNA、RNAの構造と種類【道原】       
     3 核酸塩基の代謝【道原】        
     4 染色体の構造【道原】       
     5 複製:半保存的複製、テロメア複製【道原】       
     6 DNAの変異と修復【道原】       
     7 転写:原核生物および真核生物【松岡】       
     8 RNAのプロセシング【松岡】       
     9 翻訳:遺伝暗号、リボソーム【松岡】        
     10 転写制御:糖代謝・アミノ酸合成オペロン【松岡】
     11 エピジェネティクス、ヒストンコード、ゲノムインプリンティング【松岡】       
     12 遺伝子変異と遺伝子多型、スニップ【松岡】    


  ・ ゲノム情報と創薬 (2年前期)          
     1 組換えDNAの実験指針【道原】       
     2 組換えDNAの作製【道原】       
     3 遺伝子クローニング【道原】       
     4 遺伝子ライブラリーの構築【道原】       
     5 PCRによる遺伝子増幅【道原】       
     6 遺伝子構造の解析法【松岡】
     7 遺伝子機能の解析法【松岡】       
     8 遺伝子改変動物の作製【松岡】       
     9 遺伝子工学の医学分野での応用【松岡】       
     10 遺伝子組換え実験に関する法令・規則等、教育訓練【松岡】   

    
  ・ 実習:遺伝子操作の部(2年後期)          
     1 遺伝子操作の実習講義       
     2 遺伝子操作の演習 :PCRクローニング用のプライマー設計       
     3 遺伝子組換え実験 I:DNAライゲーション、形質転換       
     4 遺伝子組換え実験 II:プラスミド調製、制限酵素処理、アガロース電気泳動       
     5 遺伝子組換え実験 III:コロニーPCRによるスクリーニング、DNA塩基配列の決定       
     6 遺伝子組換え実験 IV:in silico 解析(相同性検索、マルチプルアライメント等)       
     7 遺伝子組換え実験 V:クローン遺伝子の発現解析

      
  ・ バイオ・細胞医薬品 (4年前期)          
     1 組換え体医薬品、特色と有用性、安全性【道原】       
     2 ヒトゲノムの構造と多様性【道原】       
     3 疾患遺伝子(1):癌【道原】       
     4 疾患遺伝子(2):生活習慣病【道原】       
     5 ゲノム情報と創薬(1):トランスクリプトーム、プロテオーム【道原】       
     6 ゲノム情報と創薬(2):バイオインフォマティクス【道原】       
     7 ゲノム情報と創薬(3):標的分子の探索と評価【松岡】       
     8 分子標的医薬品と核酸医薬品【松岡】       
     9 遺伝子多型と疾患【松岡】       
     10 遺伝子多型と薬物作用【松岡】       
     11 遺伝子診断と遺伝子治療【松岡】       
     12 幹細胞と再生医療【松岡】    

     
  ・ ファーマシューティカルケア総合演習:テーラーメイド医療(6年前期)          
     1 講義:テーラーメイド医療について、実習説明(PCR−RFLP解析)       
     2 実習:各人のゲノムDNAの調製       
     3 実習:薬物代謝酵素遺伝子のPCRによる増幅       
     4 実習:制限酵素処理、多型判定       
     5 演習:課題発表および討論       


   *講義資料のデータは、学内ポータルシステムのセレッソ へ随時アップします。

その他の分担科目 others


  
  ・ 薬学入門T・U(1年【道原・松岡(担任時)】)   
  
  ・ 生体のなりたち(1年前期【道原・松岡分担】)   
  
  ・ 生体機能調節T(1年後期【道原分担】)   
  
  ・ セルフメディケーションU(1年後期【松岡分担】)   
  
  ・ 薬学英語I(2年前期【松岡分担】)   
  
  ・ コミュニケーション(2年前期【道原・松岡分担】)   
  
  ・ 生物学概論(3年集中、教職【道原・松岡分担】)   
  
  ・ 事前学習(無菌調剤)(4年後期【道原分担】)   
  
  ・ 総合薬学演習T・U・V(3、4年【道原・松岡分担】)   
  
  ・ 実務実習後学習(5年【道原・松岡分担】)   
  
  ・ 生物系薬学特講(6年【道原・松岡分担】)   
  
  ・ 課題研究(4、5、6年【道原・松岡分担】)   
  

   etc.   

教育活動の報告等


[発表]
1. "コミュニケーション交流学習の成果−行動観察とフィードバックについて−"、○井上裕文、岡村信幸、塩見浩人、道原明宏、松岡浩史、吉富博則、福長將仁、井上敦子、田村 豊、小嶋英二朗、五郎丸剛、土谷大樹、大西正俊、鶴田泰人、第6回日本ファーマシューティカルコミュニケーション学会(福山)、2012年11月4日
2. "テキストマイニングによるコミュニケーション交流学習報告書の解析"、○石本誠、蔵田明日香、秦季之、松岡浩史、井上裕文、岡村信幸、道原明宏、大西正俊、塩見浩人、吉富博則、鶴田泰人、佐藤英治、第53回日本薬学会 中国四国支部学術大会(広島)、P8-28、2014年11月8日
3. "福山大学薬学部におけるコミュニケーション交流学習の取り組み〜役立ち感・自己肯定感を育み、ホスピタリティを涵養するために〜"、○松岡浩史、井上裕文、岡村信幸、渡邊正知、五郎丸剛、前原昭次、道原明宏、田中哲郎、大西正俊、小嶋英二朗、井上敦子、田村豊、坂根洋、長崎信浩、瀬尾誠、藤岡晴人、広瀬雅一、木平孝高、高山健人、伊達有子、藤井早由利、吉富博則、鶴田泰人、第1回日本薬学教育学会大会-薬学教育の原点-(京都)、特別企画発表T-009、2016年8月27日
4. "福山大学薬学部におけるコミュニケーション交流学習の取り組み(2)−役立ち感・自己肯定感に対する一年後の追跡調査を通じて−"、○松岡浩史、井上裕文、松田幸久、広瀬雅一、山下 純、岡村信幸、木平孝高、大西正俊、渡邊正知、五郎丸剛、道原明宏、前原昭次、長崎信浩、小嶋英二朗、高山健人、田中哲郎、田村 豊、吉富博則、伊達有子、藤井早由利、鶴田泰人、第2回日本薬学教育学会大会-教育のアウトカムを測る-(名古屋)、P-007、2017年9月2日
5. "福山大学薬学部におけるコミュニケーション交流学習の取り組み(3)−幼児、高齢者との関わりにおける自己評価の推移−"、○松田幸久、井上裕文、松岡浩史、広瀬雅一、山下 純、岡村信幸、木平孝高、大西正俊、渡邊正知、五郎丸剛、道原明宏、前原昭次、長崎信浩、小嶋英二朗、高山健人、田中哲郎、田村 豊、吉富博則、鶴田泰人、第2回日本薬学教育学会大会-教育のアウトカムを測る-(名古屋)、P-008、2017年9月2日

[広報誌]
1. "府中学びフェスタx福山大学 〜健康度チェックと実験教室〜"、松岡浩史、瀬尾誠、大西正俊、前原昭次、田中哲郎、広報ふちゅう(府中市)、2016年10月1日

教育TOP↑