●病態学セミナー
 研究室セミナーでは、各人が疾病に関する様々なテーマを選んで、皆の前で発表します。配属当初は、パソコンをうまく扱えない人や、また人前で発表した経験がないために、最初のうちはなかなか上手に発表できません。しかし、回数を重ねてお互いの発表を見るうちに、スライドの作り方、声の出し方、スライドとスライドの間の脈絡、人の反応を見る余裕など、内容・テクニック共に充実したプレゼンテーションが出来るようになっていきます。またセミナーは、指導係の上級生と人間関係を深め、当研究室での親睦や充実を感じる重要な要因となっています。一方、セミナーで発表者が質問をうけることは、薬剤師として患者さんへの説明のし方や対応を身に付けるトレーニングになります。また、質疑応答を通して、互いに多面的な考え方に触れることができます。さらに、セミナーは、薬剤師国家試験において大切なポイントを指摘する、また、思考力を高めるなど、有効な国家試験対策としても行われます。セミナーを通しての教育は衛生薬学研究室の特徴の一つです。


●セミナー内容
 研究室で行われたセミナーの一例です。
トップページへ