福山大学 > 生命工学部 > 生物工学科トップページ >カリキュラム [お問い合わせ] [アクセス]
ページトップへ


生物工学科カリキュラムの目標

 生物学、化学、生理学、遺伝学、分子生物学など基礎的な学術分野が発展し、これらが相互に連携した生命科学という新しい総合分野が誕生しました。当初の生命科学は基礎的な学術研究が中心でしたが、現在では、環境にやさしい物質生産や万能細胞の樹立、遺伝子治療、ゲノム創薬などの医療分野、さらに生分解性プラスチックの開発や環境保全への応用など、実用技術への進化を遂げようとしています。生物工学科カリキュラムでは、この高度な生命科学技術に携わるために求められる知識と技術を積極的に取り入れ、実社会で役立つ技術を教育することを目的としています。


生物工学科カリキュラムの特徴

実験・実習を重視・・・1年次生前期から学生実験を開始し、1年次生では人と自然の関係を学ぶために、生態系や環境の観察、植物栽培を体験する観察実験や植物栽培実習などを実施します。また、3年次生後期から卒業研究に取り組むことによって、よりレベルの高い実験技術と論理的研究展開法を習得できます。

3つの視点から専門を学ぶ・・・専門科目において、3つの系を柱に、習得する知識や技術の専門性を高めることができます。
生物生産系―――バイオエタノール、生分解性プラスチックなどから、酒・味噌・醤油などの醗酵食品、さらに抗生物質などの医薬品開発まで、さまざまな有用物質の生産技術を学びます。

バイオ資源系――地球上に生存する生物により生産されるバイオマスは莫大な資源です。しかし、その多くは無駄に放置・廃棄されています。これらの資源の有効利用技術を学びます。

生物環境系―――人が社会活動や生産活動を行うことによって、生態系に重大な影響を及ぼしています。ダイオキシンや産業廃棄物などのさまざまな環境負荷物質のモニタリングや環境負荷を軽減する技術、方策を学びます。
    
基礎を固めるバイオサイエンス系・・・基礎分野の知識は高度な専門分野を学ぶために必要です。しかし、膨大な内容を理解し記憶することは容易ではありません。生物工学科では内容を要点化し、専門基礎科目として基礎から分かりやすい講義を行います。

伝統バイオの技を学ぶ・・・古代から微生物を利用して、日本では日本酒、焼酎、味噌、醤油などが、海外ではワイン、ビール、パン、ヨーグルトなどが造られてきました。これら食品の製造は、長年の経験が蓄積し、今日では醸造・醗酵技術として体系化されています。さらに機能性食品や医薬品の製造へも応用され、私達の生活には欠かせません。お酒や味噌の醸造、パン造りなどを実際に体験し、伝統的なバイオの技術や知識を現代社会へ活かせる形で学習します。

学生一人ひとりの到達度チェック・・・1年〜3年次までの各学年にそれぞれバイオ演習T〜Vを配当し、演習形式で学生一人ひとりの学習到達度をチェックしながらきめ細かく指導していきます。また、科学表現演習や科学的展開法などの演習科目を開講して、学生一人ひとりのユニークな発想を培います。

資格取得のサポート・・・バイオ演習T〜Vでは、それぞれの学年に応じた資格取得を目指した指導を行います。また、専門科目の3つの系で開講される科目を履修することにより資格取得をサポートするようにプログラムされています。
バイオ演習Tで目指す資格 → 甲種危険物取扱者(国家資格)
バイオ演習Uで目指す資格 → 毒劇物取扱責任者
バイオ演習Vで目指す資格 → 中級バイオ技術認定
生物生産系  → 上級バイオ技術認定
バイオ資源系 → 技術士補(国家資格)
生物環境系  → 環境計量士(国家資格)、環境測定分析士3級
1年次からのキャリア教育・・・将来の職業に対する意識を高めるため、また、将来の夢を実現するための教育をキャリアデザインとして1年次生から実施します。また、3年次生に開講するバイオ経済・企業論では、企業で活躍中の方々を講師に招き、バイオ関連製品創出の苦心や喜びを紹介していただくとともに、企業のさまざまな活動を紹介して企業研究を行います。


生物工学科カリキュラムマップ


以下のファイルでカリキュラムマップをご覧いただけます。
カリキュラムマップでは、生物工学科における教育システムを参照することができます。

生物工学科カリキュラムマップ


生物工学科ディプロマポリシー(卒業認定・学位授与の方針)


生物工学科では、以下のよう要件を満たし、所定の単位を取得した者に卒業を認定し、学士(生命工学)の学位を授与する。

1.バイオテクノロジーを応用した生物生産技術の開発、生物資源の利用、環境の保全などに関する専門知識と技術を修得している。

2.食料、資源、環境などに関連する諸問題の原因を論理的に説明でき、解決手段を提案、判断することができる。

3.さまざまな問題を解決するため、協調性と論理性をもって、自律的に行動することができる。

4.論理的な思考・判断のプロセスを説明するためのプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を修得している。

5.生命に対する畏敬心と倫理観をもっている。

講義科目一覧

専門基礎科目 1年次 2年次 3年次 4年次
生物学系 生物学I
生物学II
化学系 化学I
化学II
分析化学
数学・物理系 数学 基礎電気技術
物理学 生物物理学
物理学実験
地学系 地学
地学実験
英語系 科学英語 バイオ英語II
バイオ英語I
バイオサイエンス系 基礎微生物学 動物生理学 代謝生化学I 生命倫理
構造生化学
細胞生物学 分子生物学 代謝生化学II
発生生物学
生物有機化学 機能生化学 代謝制御学
遺伝子発現制御学
専門科目 1年次 2年次 3年次 4年次
生物生産系 バイオテクノロジー
入門


基礎バイオ資源学


地球環境科学
バイオ
分離分析技術
酵素利用工学 糖鎖生物学
微生物育種学 微生物培養工学 バイオ医薬品
遺伝子工学 タンパク質工学 バイオプロセス工学
醗酵生産・醸造学 応用遺伝子工学
医療
バイオテクノロジー
バイオ資源系 動物資源学 天然物化学 遺伝子・ゲノム
資源学
植物栄養生理学 植物分子育種学 植物資源利用学
バイオマス・資源
リサイクル
動物機能利用学 多様性生物学
植物栽培技術 植物機能利用学 海洋資源生物学
生物環境系 環境微生物学 環境バイオ製品 化学生態学
バイオ浄化学 植物環境学 食品安全管理学
環境分析学 環境モニタリング 環境社会学
環境保全・法規 生物共生学 バイオ
レメディエーション
バイオ総合演習 バイオ演習I
(キャリアデザインI)
バイオ演習II バイオ演習III 知的財産所有権
インターンシップ バイオ
情報処理演習
科学表現演習 科学的展開法
生産安全管理技術 バイオ
経済・企業論
(キャリアデザインII)
実験・実習 生物観察実習 微生物実験 生物生産実験 卒業研究
植物栽培実習 生化学実験 遺伝子工学実験
生物工学基礎実験 フィールド調査実習 生物環境実験
化学実験 細胞生物学実験 バイオ資源実験
分子生物学実験 生物工学特別実験
環境分析学実験
Copyright(c) Department of Biotechnology, Fukuyama University, All Rights Reserved.